肉の日だから静岡限定のさわやかのハンバーグを食べに行ってみた

今日は29日、肉の日ですね!今日は肉の日に因んで、静岡県にしかない『さわやか』というハンバーグチェーン店に行ってきました。

さわやかを簡単に説明すると、「静岡県内外にもファンができるくらい美味しいハンバーグチェーン店」です。

私は、今日、さわやかのハンバーグを食べに行きました。

まあまあ、「お前の下手くそな食レポなんざ見たくないわ」なんて言わずに、もうちょいスクロールしてさわやかの美味しさを知ってくださいまし。

さわやかとの出会い

そもそも私がさわやかを知ったのは、以下の記事を見てからだ。

www.e-aidem.com

「こんな美味しそうに紹介されたら、もう行くしかないじゃないか!!」あまりの美味しそうな写真と食レポに、私は怒りで震えました。

そして、この記事が見てからは、ハンバーグを見る度に「サワヤカ……サワヤカ……」と呟くようになってしまいました。もはや末期症状。

さわやかのためだけに静岡県に行く

改めて文字に起こすとヤバイ奴みたいですが、それは間違いです。みたいじゃなくて、本当にヤバイ奴です。

大型台風が来ると思って年休にした今日、さわやかのハンバーグを食べるためだけに静岡県に行ってきました(台風は来なかった)。

さわやかのハンバーグ、美味しすぎる

結論から言うと、さわやかのハンバーグを皆早く食べに行くべきです。断言できます。

さわやかのハンバーグの素晴らしい点を、3点ほど挙げてみます。

ちょっとでも「いいかも……」と思ったら、即座に静岡県行きの高速バスを予約しましょう。

硬い肉と柔らかい肉の共存

f:id:nobiusa:20160829210040j:plain

「ハンバーグを食べ過ぎておかしくなったのか?」とお思いでしょうが、これは事実です!

さわやかのハンバーグは、表面がこんがりしていてとても硬く、中は肉汁が溢れんばかりに詰まっているためふっくらしています。異なる食感のハーモニーってやつですね。

最初は「かった!」と困惑するでしょう。しかし、よく噛み続けていくと、肉汁のつまった肉本来の甘みを味わえます。

食べ終わる頃には「この硬さが逆にいい」と言い始めます。私は言ってました。

肉汁とオニオンのマッチ

さわやかでは、ソースを2種類選ぶことができます。「オニオンソース」と「デミグラスソース」です。

おすすめは断然「オニオンソース」です。例えあなたが玉ねぎ嫌いでも、必ずオニオンソースを選んでください。

なぜなら、このオニオンソースとハンバーグの肉汁のマッチング率が異常だから。

素朴なオニオンソースは、肉汁本来の甘みを更に際立たせてくれます。オニオンソース+肉汁のみでも、ご飯が進むくらい美味しくなりますよ!私はやりません。

付け合わせの域を超える野菜の美味しさ

f:id:nobiusa:20160829210041j:plain

鉄板の奥のほうにある野菜、いわゆる付け合わせですが、なんでかこれも美味しすぎる。

どの野菜も採れたて野菜みたいな甘さがあり、オニオンソースなしでも問題なく食べれてしまう美味しさ……。

大体チェーン店の付け合わせは、パサパサしてたり、ソースをつけないと味が全くしなかったりと散々な品質です。

それに比べて、同じチェーン店のさわやかは? 肉だけじゃなく付け合わせまで美味しいって、もう普通のレストランじゃないですかー!

さわやかの悪い点

「ここまでべた褒めしておいて、悪い点ってあるの?」はい、あります。

さわやかの悪い点は、とにかく並ぶことです。私は平日14時半くらいに行きましたが、2時間ほど待たされました。

さわやかの美味しさに魅了された人が大勢いる、ということなんでしょうが、さすがにちょっと待つのに疲れてしまいました。

平日で2時間待つので、休日はおそらくもっと並ぶでしょう。ある程度の覚悟が必要です。

まとめ

初めてさわやかでハンバーグを食べましたが、確実にリピーターになります。そのくらいの衝撃でした。

東京駅から高速バスで行けば、計4500円くらいで済ませることができます。静岡県に行って、さわやかデビューしましょう!

ちなみにこの記事は、夜中に見ないことを推奨します。

広告を非表示にする

スポンサーリンク